トーハクって何じゃらほい?

写真はトーハクのウェブサイトから引用しております(https://www.tnm.jp/

新型コロナは第3波を迎え、様々なアクティビティーが自粛・中止を迎える中、いかがお過ごしでしょうか。

自粛の中でも行えるアクティビティーとして、東京文化では、デジタルを活用した情報発信に力を入れております。メンバー同士、自粛が明けたらすぐにアクティビティーを再開できるよう連絡を密に取り、準備を進めております。

さて、今回のブログでは東京国立博物館、通称、トーハクをご紹介させていただきます。

トーハクとは何ですか?と聞かれたら意外に答えに窮するということもあるのではないでしょうか?私もこうして調べる前は色々とうろ覚えなところもあり、すぐには答えられなかったと思います。今回は、私が調べたトーハクの知られざるヒミツをご紹介しましょう〜!

写真はトーハクウェブサイトから引用しております(https://emuseum.nich.go.jp/

トーハクはなんと言っても、やはり、日本で一番歴史のある博物館です。何よりすごいのが国宝と重要文化財の数です。日本全国にある国宝の実に10%をトーハクが所蔵しているというマンモス博物館です。(※ちなみにマンモスはお隣、科学博物館で見ることができます)

博物館と一口に言っても、その業務はたくさんあります。私たちは、展示に目が行きがちですが、収集・保管、そして調査研究も博物館で行われている業務です。また多くの市民に美術品が届くよう普及活動にも力を入れています。

右下の埴輪の名前はトーハク君、右はユリノキちゃんです。こうした馴染み深いキャラクターも普及活動の一環なのもかもしれません。

写真はこちらのトーハクウェブサイトから引用しております(https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=143

さて、トーハク、トーハク、申し上げておりますが、そもそもトーハクはどのようにして現在の位置にあるのでしょうか。それは遡ることおよそ150年前。

トーハクの発祥の地は、実はお茶の水の湯島聖堂でした。当時は現在の美術品を集めるというよりかは、日本全国津々浦々の珍しい物産を集めて見る見世物小屋のようなものでした。中央にある金のしゃちほこや水桶に入った大山椒魚、動物の剥製や骨格、書画、武具、陶芸、漆器など多くの地方特産品が集められました。

当初の博物館は図書館+植物園+動物園といった施設が一同に会す知の殿堂のような施設を目指して建設が進められました。場所も、湯島聖堂から日比谷、当時鹿鳴館があり、現在は帝国ホテルのあるあたりですね。それから浅草に写り、その後、今の場所である上野に至ります。

上野公園にあるトーハクは内国勧業博覧会という全国の物産のお披露目の場であるとともに、当時の世界の最先端テクノロジーを披露する会場でもありました。産業革命を牽引する紡績機であるガラ紡、日本で初めて噴水が披露されたのもここ上野公園です。ガス灯や電車など最先端技術の見本市がトーハクで開かれました。

こうしてみると、トーハクには今の上野動物園と科学博物館が一緒になった状態のカオスな状態だったことが伺えます。動物園、科学博物館、そして芸術の展示の場なども、トーハクから分化し、現在の上野公園が形成されました。

現在のトーハクは実は2代目。初代は先の鹿鳴館や旧岩崎邸の建築家であるジョサイア・コンドルによって設計されました。それが関東大震災で壊れたのち、現在の帝冠様式である本館が渡辺仁によって設計され、今に至っております。

あの有名なモナリザも1974年にトーハクにきたことがあるんですね!なんとこの時には151万人もの人が訪れたそうです。(※ちなみに動員員数第一位1965年のツタンカーメン展の300万人です)

意外に知られていない事実ですが、実はトーハクは藝大生だと無料で入れます。といっても、藝大生だけでなく、東京大学などキャンバスメンバーであれば、どの大学生も無料で入館することができます。最近、入館料が600円から1000円に値上がりしていたので、学生証で入るとお得な感じが一掃するようになりました。

またこれも知られていないのですが、トーハクではなんと17アイスが食べられます。本館の地下一階の自動販売機があるので、デートの際にはこのトリビアをぜひ披露してみてください。きっとみる目が変わるでしょう。

そして、トーハク、なんと、野外映画鑑賞会も行われております。「時をかける少女」、「サマーウォーズ」、最近ですと「この世界の片隅に」が上映されております。ビール片手に夜風に吹かれながら大画面で見る映画は格別!

施設利用に関してはこちらから(https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=176

さて、そんなトーハクですが、なんと!実は借りれてしまうんです。ラウンジや法隆寺宝物館は高級ブランドや外車メーカーが貸切を行っています。DJを呼んでのカクテルパーティーやライトアップなども行われています。トーハクの前を黒塗りの車が並ぶことがあるのですが、あれはそのパーティーが行われている時です。

ここは手が出ないように思えますが、なんと!ここからは圧巻のコスパ情報をお伝えします!

なんと395人はいるホールが1日140000円で借りれちゃうんです!ひとり1000円取ったら元がとれてしまいますね。他にも春秋に開放される庭園のお茶室まで借りれちゃうんです。円山応挙の壁画がある応挙館も70000円で借りれます。お茶会の際にはぜひ借りてみるのもよいかもしれません。

さて、いかがでしたでしょうか。トーハクがいつもより身近に感じられないでしょうか。新型コロナの影響もあり、オンラインでの予約とうたっておりますが、実際には入場が空いていればすんなりと入れるようになっております。上野に最寄りの際はぜひお立ち寄りください。

L一ノ瀬

11月の第一例会を開催しました

#東京文化ライオンズクラブ は11月の第一例会を開催しました。

コロナ禍でも行えるアクティビティーについて真摯に協議を行いました。

次例会では、子ども食堂の専門家を招き講義を受けます。

2部ではニューヨークに城を本気で建てると熱く語る殿様(若者)のスピーチがありました!メンバーからの熱いアドバイスなどもあり、会は大いに盛り上がりました。

杉田ZCによる総括テールツイスター!さすが、歴戦のライオン、話のまとめ方が大変勉強になりました。

谷根千で活動している若手メンバーからプロジェクトの紹介があり、地域間文化活動の連携について話が盛り上がりました。

10月の第二例会を開催しました

東京文化ライオンズクラブは10月の第二例会を開催しました。

現役大学生の若手メンバーが中心となり実施したオンライン夏祭り報告が行われました。

新型コロナで広がる格差是正プランとして年度内に子ども食堂を実施する方針で話はまとまりました。

わがクラブのZCによるテールツイスターではメンバー同士和気藹々と近況報告を行い笑顔溢れる例会となりました。

10月の第一例会を開催しました

東京文化ライオンズクラブは10月の第一例会を開催しました。

元地区ガバナーの河合L、YCE委員会委員長の後藤Lにいらしていただき今後の国際文化交流事業での連携についてお話をいただきました。

音楽家やアーティスト、学芸員資格所有者が行う上野でのアート鑑賞ツアー等実現に向け進めてまいります。

内藤コレクション展Ⅱ「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」

国立西洋美術館の新館・版画素描展示室で開催中の展覧会内藤コレクション展Ⅱ「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」を鑑賞してまいりました。そのレポートをお送りいたします。

館内は新型コロナのため事前予約制で手続きがやや億劫でしたが、人数制限がなされていて逆にいつもよりゆったりと鑑賞することができてよかったです。

ミュージアムショップでは、ソーシャルディスタンスを保ちつつも多くの方で賑わっておりました。わたしもたくさんのポストカードをゲットしました。

《時祷書より:受胎告知》リュソンの画家、1405-10年頃、
彩色、金、インク/獣皮紙、内藤コレクション

さて、内藤コレクション展とは、内藤裕史氏(筑波大学・茨城県立医療大学名誉教授)が長年にわたって蒐集し西洋美術館に寄贈した一連のコレクションです。通常、入手が困難な時祷書が一気にみられるので、貴重な展覧会としておすすめです!なんと写真撮影もOKな展示です!

15-16世紀の西ヨーロッパ(イギリス、フランス、ベルギーとオランダ)で制作された作品が多くありましたが、その中でも一際多く展示されていたのが、時祷書です。

「ズヴォレ聖書」より:3つのイニシャルのDの内部に「ダヴィデ伝」の諸場面、北ネーデルラント、ズヴォレ、1474年、彩色、金、インク/獣皮紙、内藤コレクション(長沼基金)

見てください!この細かな描写。印刷技術がまだまだ未発達な時代なので、手描きで一枚一枚丹念に仕上げられています!

時祷書とは、一般の信者が日々の定められた時間に朗読する、聖書の抜粋や祈祷文などを収めた書物です。当時の人々はこの時祷書のスケジュールに則りながら生活していました。生活と宗教が今よりももっと身近だった時代のカレンダーのようなものでしょうか。

主な注文主は王侯貴族や裕福な市民でした!彼らの美意識に沿った流麗な描き込みや文様に心が打たれます。

15-16世紀のヨーロッパではルネサンス美術が花開きましたが、影響は写本挿絵の世界にも及びました。出品作の中にも、遠近法的に描かれたものや自然で現実感のある人物描写が垣間見れました。

こちらの展覧会は会期が迫っているのでお気をつけください。

西洋美術館の前庭にはロダンの作品が間近で見られます。写真は地獄の門。

ライティングされていてとても綺麗でした。

現在、上野の文化施設の各館ともコロナで予約制をしいております。お出かけの際にはインターネットで予約をしてから向かわれるとよいでしょう。

早く新型コロナも収まり、フラっと寄れる美術館が戻ってくることを祈っております。

[新館 版画素描展示室]
内藤コレクション展Ⅱ「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」

会期:2020年6月18日(木)~8月23日(日)
※会期変更開館時間:9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~21:00
※入館は閉館の30分前まで

詳細はこちらから

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ JAPAN COMMUNITY IMPACT(JCI) イベントでトークセッション

まだまだ新型コロナウイルスの影響で身動きの取れない日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。きっと、日常が一変し苦労している方も多いのではないかと思います。私もその一人です。

今回、JCI様から「即戦力!仲間を巻き込む技術」というテーマでお話をさせていただける機会をいただき、東京文化ライオンズクラブが日頃実践している巻き込む技術を勉強会にて共有させていただきました。

JCIとは、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ各社の社員ボランティアで運営されているJAPAN COMMUNITY IMPACT(JCI)のことです。

JCI様の詳細はこちらから(社会貢献レポート2019_日本語版)

わたし個人としても今まで培ってきたボランティアの経験を活かしオンラインでお話しさせていただきました。

今回はその報告を、東京文化ライオンズクラブの学生メンバー、L深澤より記したいと思います。

2020年7月8日(水)のお昼どき、JCIの方々に向けた限定のイベントとして開催された本勉強会。

「ボランティア活動に人を巻き込んでいくにはどうすればいいのか。」

ボランティアをしたことがある人なら誰しもが感じたことのある命題を、東京文化ならではのアート目線で紐解くという試みです。今回のお話をいただいてから、今までの活動を改めて振り返って整理していく中で、私共も新たな発見があり大変勉強になりました。

本イベントは二部構成。第一部では「ボランティアのヒント」と題して城戸Lからの講演、そして第二部では「伝える技術」として、若手メンバー2名も含めたパネルディスカッションを行いました。

最初に行った講演では、東京文化ライオンズクラブ設立の経緯を踏まえながら、「現在地」から「望ましい将来」に向けてどのようにパーセプションチェンジをしていくのか、そして本質的な価値をどう具現化していくのかをお話ししました。

活動の一環としてミャンマー文化支援やチャリティー・オークションの紹介もしましたが、特に最近ライオンズクラブの若手メンバー浦田Lが行った、リモートでのオーケストラ演奏の動画には感銘を受けて涙する方さえいらっしゃいました。わたしもジンときてしまいました。

浦田Lプロデュースのオーケストラリモート演奏

第二部では若手も交えながら「ボランティアの魅力をどう伝えていくか」について様々な立場からパネルディスカッションをしました。団体内の、インナーコミュニケーションはどのようにしたら円滑に進むのか。

ボランティアに参加するキャッチコピーを披露するL深澤

仲間を増やすとき、他者のベネフィットを踏まえてどう人の輪を広げていくか。これらを、マズローの定理を用いた、機能的ベネフィット・情緒的ベネフィットに基づき、相手のメリットを考えながら仲間を広げていくコツについてお話ししました。50人の方がオンラインでみてくださっていたので、大変緊張いたしました。

アート・シンキングについて語る一ノ瀬L

続いて藝大出身の一ノ瀬Lを中心に、アートシンキングという観点からボランティア活動の悩みに切り込んでいくのは、参加者していただいた方々にとっても新鮮なようでした。

私も等身大の目線でお話ししましたが、大学生として情緒的ベネフィットを得ながら楽しんで活動している様はJCIの方々にとってインパクトを与えられたようで、自分の知見でもお役に立てたのなら嬉しいと感じました。

このようにして、ボランティア活動の仲間集めをテーマにして、笑いあり涙ありの勉強会に参加することができ、今までの活動の意義を改めて感じる、重要な機会となりました。

話をまとめる城戸L

また、コロナ禍での活動の可能性も、大いに感じたイベントでもありました。今は顔を合わせてできないボランティアがある。けれども、今それができないからこそ、手の空いたボランティア同士で知識や経験を共有することはできる。これらを通して、有意義な取り組みを行う土台を今、形作っていくこともできるのではないかと感じました。

サヨナラ例会、開催しました!

東京文化ライオンズクラブ は6月のサヨナラ例会を開催しました。コロナの自粛が開け、会員同士顔を合わせて行うはじめての例会でした。


自粛でたまったエネルギーをマグマのように爆発させてウィーサーブ して参ります!カラオケ対策もバッチリ!ライオンの雄叫びは朝方近くまで響き渡りました!

不忍池散歩

新型コロナの影響で、上野公園内の美術館、博物館が軒並み閉館となっております。

しかしながら、上野公園の木々や鳥たちは新型コロナの影響など我関せずで例年通りの振る舞いを見せています。

今回の文化の杜ブログでは不忍池周りの様子をお伝えいたします。

不忍池には野鳥が生息しています。

不忍池には、私たちの食べ物となった動物を供養する塚が至る所に点在しています。普段私たちが食として、いただく生き物へ、改めて感謝を思える場所です。

こちらはスッポン塚。

こちらは魚塚。東京漁商業協会組合によって建立されました。

他にも、鶏の塚などあり、季節によりそれぞれの業者が集い供養の会が催されます。

メガネや包丁など私たちが普段使う道具を供養する碑石も点在しています。

不忍池・弁天堂付近は普段、私たちが生きる上で忘れがちになる生き物やモノへの感謝を改めて呼び起こしてくれる稀有な場所と言えるでしょう。

あと、一ヶ月もすれば蓮の葉で湖面全体が覆われます。

野鳥がいたので、パシャリ。

こちらの写真にも野鳥がいます。ご覧になれますでしょうか?

緑の風に吹かれながら、コロナの収束を祈りました。

【フルオーケストラ!】星野源 / うちで踊ろう【総勢60人!】

※動画はページ下部をクリックして再生されます。

昨今の新型コロナウイルス拡大に伴う公演およびイベントの中止の影響で、音楽家の行き場が失われつつあります。


音楽は瞬間芸術であり、生の空間で人と人を繋ぐという魅力がありますが、緊急事態宣言や外出自粛という壁に直面している今、人が集まることが不可能です。

東京文化LCメンバーでオーケストラコーディネーターの浦田Lが、この環境下で少しでも多くの方々に音楽家の存在を発信したい、同業種の音楽家、そして音楽愛好家の皆様を勇気付けたいという思いから、星野源さんの『うちで踊ろう』オーケストラ演奏を遠隔で行う企画を全国の若手音楽家に呼びかけました。

4月11日に、総勢60人の47全都道府県出身の若手プロ音楽家達が遠隔で収録、動画サイトYoutubeなどで公開したところ、26日時点で79万回以上の再生を記録し、各地のメディアに取り上げられています。

視聴者からは「素晴らしい音楽をありがとう」「音楽は元気になれる」「家でできることはきっとまだまだある」といった声を、また星野源さんもインスタグラムで「あまりにも素晴らしい」とコメントを寄せています。

新型コロナという状況の中でも文化芸術の灯をたやさぬよう努めてまいります。ライオンズクラブの皆様におかれましては、引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

東京文化LC通信デスク:ウラタ

五條天神社と上野大仏

新型コロナの影響で各種イベントが自粛モードの雰囲気ですが、文化芸術も健康な身体と命があってこそのもの。一刻も早い新型コロナの収束を祈っております。

さて、今回の上野の杜ブログは時節柄もありまして、上野公園内にあります医薬の神仏をご紹介いたします。

まず、こちら五條天神社様。

医薬・医療の神様がお祭りされている、歴史と由緒ある神社です。

今からおよそ1890年前、第十二代景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の際に、薬祖神(二柱)の大神に御加護を頂いた事を感謝し、創建されたと言われています。

毎月10日には、病気平癒・無病健康祈願を祈念する医薬祭がとり行われます。

境内には、桜がきれいに咲いておりました。

さて、こちらは同じく公園内にある上野大仏です。

今は顔だけになってしまいましたが、実は、このご尊顔、なんと昔は像高約6メートルの釈迦如来坐像でした。

関東大震災に至る度重なる罹災により損壊し、胴体も戦時の金属供出で失われたため、今では、顔面部のみがレリーフとして保存され尊崇されています。

胴体を失った顔面は「これ以上落ちない」という意味で「合格大仏」とも呼ばれ、毎年受験生らが祈願しています。

そして、この上野大仏のいらっしゃる境内にはあまり知られておりませんが、薬師仏を祀るパゴダ様式の祈願塔も併設されています。

心と身体の健康祈願にご利益のある薬師瑠璃光如来様がいらっしゃいます。お守り授与所がすぐ近くにあるのですが、そちらで絵馬を授かり、合唱しながら真言を唱え、パゴダを一周し祈願します。

新型コロナの中ではありますが、神仏のご利益を得つつ、手洗い、うがいの徹底を行い、コロナの脅威を乗り越えていければと思います。

皆様もお身体どうぞご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。