下谷神社大祭・宮入りレポート

下谷神社の御神輿がコロナ禍を経て、実に6年ぶりに渡御を行いました。

江戸の息吹を感じさせる、活気に満ちた下町

みなさん、こんにちは!東京文化のL一ノ瀬です。今回のブログでは先日5月12日に開催された下谷神社大祭の6年ぶりの本社神輿 宮出しについてレポートいたします!

東京・台東区下谷神社は江戸情緒あふれる下にあります。千貫神輿(みこし)」と呼ばれる高さ3メートル超の本社神輿が練り歩く姿は、まさに圧巻の一言。多くの人々が集まり、熱気あふれる祭りに沸き上がりました。

勇壮な神輿、力強く進む

午前6時、いよいよ本社神輿が神社を出発します。巨大な神輿が力強く大鳥居を通るさまは、最高にかっこいい〜〜〜〜!!!瞬間!コロナを乗り越えたこともあり、熱いものが込み上げました。威勢の良い掛け声と太鼓の音色が響き渡り、沿道には多くの見物客が集まりました。

地域の絆を深める、心温まる光景

神輿の周りには、多くの人々が集まります。老若男女問わず、みなさんが食い入るように見守る様は地域の一体感を感じさせてくれます。子どもを肩車するお父さん、2階の窓から覗く親子の姿など、心温まる光景が随所にみられました。環境の変化により孤独が社会問題としてありますが、こうした下町の温かいコミュニティーの存在はそうした社会問題を解決する糸口にも思えました。

下町の歴史と文化を体感できる貴重な機会

下谷神社大祭は、単なる祭りというだけではなく、下町の歴史と文化を体感できる貴重な機会です。まさに下町スピリットそのものです。祭りの熱気と感動を味わいたい方は、ぜひ来年の開催に合わせ足を運んでみてはいかがでしょうか!

追記
駅前からアメ横にかけての渡御は圧巻です。まちのみなさんも多くシェアしていた動画は下記になります。御神輿には近すぎないようお気をつけください。

東京文化ライオンズクラブ
L一ノ瀬健太

【エンタメ×社会貢献】名古屋でコスプレ,歴史ごみひろい!【浅草の件もレポート!】

こんにちは!盆踊りと地理歴史大好きのL鈴木です!

今回の記事は5/26(日)に愛知県名古屋市にて行ったコスプレ×ごみ拾いの
レポートになります。

今回は大須商店街の皆さん、大須コスプレアンバサダーの二人、
なごやみらいフェスティバル運営の井上さんが参加するなど
東京×名古屋で東海道を盛り上げちゃおう!という機運の盛り上がる
とても素敵な回になりました:D
(本記事で5月3日に行った浅草の歴史ごみ拾いレポートもご紹介します♪)
※日中に行った歴史講座「吉宗VS宗春」は別記致します。

【①愛知県×東京都、『どうする家康』から始まった絆】

僕たちは現在、東京文化ライオンズクラブの歴史探求チーム×歴史教育団体ヒストリンクの
最強合同チームとしてコラボ活動を行っています。
昨年のNHK大河ドラマ『どうする家康』での愛知県の活動を行ったことから
岡崎だけではなく名古屋の皆様ともご縁が生まれ、
だんだんと「地域を超え・世代を超えて社会に奉仕できる教育活動を行おう!」
という機運が生まれつつあります。
現在は2025年大阪万博に向けて、関東×東海の大きなSDGsチームを形成すべく、
歴史×ごみひろい、アニメや漫画のコスプレ×ごみひろい…などの
地域世代を超えた興味関心を大きく捉えた活動を始めています。

今回5/26(日)に名古屋に行き、こちらでコスプレごみ拾いを行いました。
名古屋という地域は日本初のテレビ塔が立ち、あの「機動戦士ガンダム」も名古屋から生まれたという
文化やサブカルチャーに強い放送局もある土地柄です。

【参考①】こうして愛知から「ガンダム」は生まれた! “常識破りのプロデューサー”関岡渉氏に聞く
https://toyokeizai.net/articles/-/14007?page=2

ごみひろいを行ったのは名古屋の中心にある”大須商店街”という大きなエリア。
例えるなら「上野、渋谷、秋葉原、池袋、原宿を一か所に集めた」かのようなディープスポットで、
古着屋からエスニックグルメまで、
あらゆる種類の1200店舗が500×700mの領域に集結しています。
(ちなみに盆踊りも盛んで去年は一緒に参加させてもらい大いに盛り上がりました!)

【参考②】「大須商店街公式HPより」
https://osu.nagoya/ja/shop-guide.php

今回のごみひろいはお笑い芸人のマシンガンズ滝沢さんの主催する
「滝沢ごみクラブ」という地域活動の一環として行いました。
滝沢さんは毎年5月3日~5月30日までを(ごみゼロ月間、ごみゼロの日)活動として
日本の色々な方と連携して活動を行っています。
僕たち歴史チームもその一環として5/3の浅草、5/26の名古屋の活動企画でした。

【参考③】滝沢ごみクラブ ごみフェス
https://takizawa-gomiclub.jp/gomifes/

今回の活動は名古屋・大須商店街のイベント・ボランティア統括の新見さん、
そして東京にも店舗のある「イベントバーエデン」名古屋支店の皆様の
協力を得て行いました!

【参考④】イベントバーエデン名古屋
https://eventbareden.com/bar-list/nagoya/

今回は比較的小規模な集まりでしたが、
参加してくださった方には「名古屋コスプレホストタウンPR隊」の
海坊主さん(X@haru634t)うめあずきさん(@Ume_Azuki)含め、
4/14に行われた「なごやみらいフェスティバル」主催の井上さんも参加して
くださり、ごみひろいをきっかけに「東京×名古屋」を固く意識する新たな繋がりも生まれました!
名古屋は8月にも世界コスプレサミットというイベントがあり、こちらでもごみ拾い×盆踊りで盛り上げられないかな
と話が出てきています:D

【参考⑤】#名古屋コスプレホストタウンPR隊
https://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000133566.html

今回は日程合わずだったのですが、
名古屋にはRLH(リアルライフヒーローズ)というごみひろいの”日常ヒーロー活動”を行っている方や
4月になごやみらいフェスティバルでご一緒した「わいわいクラフト」さんなどの活動団体の皆さんがいます。
皆さんそれぞれに
「地域を超えて次の世代に良いものを残そう!」を意識して
活動し繋がりあっていける方々ですので、今回のごみ拾いをきっかけとして、
今年の夏、そして来年の大阪万博へとますます積極的に歴史×ごみひろい、文化×ごみひろいの輪を
広げていけるよう精進致します!

以上が今回5/26のごみひろいの部の活動レポートでした♪

【5/3 浅草歴史ごみひろいの振り返りレポート】——————
〇ヒストリンク代表、斎藤さん
ヒストリンク・歴史を楽しむ会グループの徳川家を楽しむ会が5月3日に初めて開催した、「コスプレ歴史ごみ拾い」。
率直な感想は「意外とごみが多い」でした。いろんな方が来る街で、コロナも明けているため浅草は多国籍な街になっていますが、コスプレ歴史ごみ拾い活動のしがいがあるなと思いました!全国で、世界でこの活動を展開して参ります。

〇盆踊りDJ鈴木
5月3日は浅草にてごみ拾い×歴史街歩きを行いました!
浅草は何度も訪れている場所で実施するまではあまり新鮮味がないかも?と思っていました。
しかし”ごみ拾い”という観点から街を再度眺めると今まで目に止まらなかった隅々まで目に入るようになり、
観光地としての浅草、居住空間としての浅草の違いなどの新しい観点から街を眺めることができました。
招き猫発祥の地・今戸神社や境内に大根の一杯飾られている「待乳山聖天」など見どころも満載となりました!

「江戸最大のライバル対決!どっちが「名君」? “米将軍”吉宗 VS “道楽者”尾張宗春」

ヒストリンク・歴史を楽しむ会グループは5月26日に「江戸最大のライバル対決!どっちが「名君」? “米将軍”吉宗 VS “道楽者”尾張宗春」と題した講座を開きました。


様々な歴史コンテンツで複数の地域、果ては世界を繋いでいく企画の第一弾として実施。
今回は東京会場と名古屋会場をオンラインで繋ぎました!


江戸時代中期に享保の改革をした8代将軍徳川吉宗と、同時代に名古屋(尾張)藩主だった徳川宗春。ドラマ「暴れん坊将軍」でも何度も描かれた江戸時代最大のライバル対決を解説しました。

幕府中興の祖である徳川吉宗の政策のキモは「倹約」。


ただ宗春は、吉宗と相反する経済活性化策を打ち出しました。庶民が贅沢や遊びに打ち込むことで、経済も世の中も良くなると考えたようです。


講師は私学の中高(大妻中高)で指導歴40年以上の寺尾隆雄氏(日本女子大学・文京学院大学 元講師)。現在も都立中高一貫校などで教鞭をとっており、解説によって宗春の意外と?真面目な側面も垣間見られました。

約2時間の企画で、名古屋会場からの質問や感想もシェアされ、興味深く聴いてくださった方もいました。


名古屋のさらなる歴史まちおこしのきっかけになれば幸いです。

ヒストリンク・歴史を楽しむ会グループ代表、株式会社ヒストリンク社長
齊藤太一

浅草でコスプレ歴史ごみ拾い

ヒストリンク・歴史を楽しむ会グループの徳川家を楽しむ会が5月3日に初めて開催した、「コスプレ歴史ごみ拾い」。


率直な感想は「意外とごみが多い」でした。いろんな方が来る街で、コロナも明けているため浅草は多国籍な街になっていますが、コスプレ歴史ごみ拾い活動のしがいがあるなと思いました!全国で、世界でこの活動を展開して参ります。

ヒストリンク・歴史を楽しむ会グループ代表、株式会社ヒストリンク社長
齊藤太一

YCE学生アテンドレポート

こんにちは!東京文化ライオンズクラブのL深澤です!

今回は、4月初めのYCEのタイからの留学生、サシャのアテンドレポートです!同世代のレオクラブの学生メンバーとともに、二日間充実した時間を過ごすことができました。以下、二日間の様子です!

4/2(火) 上野散策

4/2(火)はL堀口とL深澤がアテンドを担当し、秋葉原から上野を一日散策しました!

留学生の彼女がアニメ好きとのことで、まずは秋葉原でラジオ会館やアニメイトを巡りました。「青の祓魔師」や「葬送のフリーレン」といったアニメ作品が一番好きとのことでしたが、他にも日本のアニメ作品を多く知っていて、アニメ好きの私とも話が弾み楽しむことができました。

お昼はメイド喫茶好きの彼女とともに、メイド喫茶に行きました。タイにもメイド喫茶があるとのことでスタンプカードを見せてくれたのですが、通い慣れているようで、アテンドする私たちの方が緊張していたかもしれません。メイド喫茶では定番のお絵描きオムライスやメイドさんのミニライブを楽しむことができ、独特のかわいい世界観を堪能することができました!

秋葉原では、最後にゲームセンターにてプリクラを撮りました。プリクラという日本の若者文化を知らなかったそうですが、興味を持ってくれて和気藹々と撮影やお絵描きができました。三人で思い出になるかわいい写真を残すことができて嬉しかったです!

次に美術館好きの彼女の要望で、上野に移動し西洋美術館に行きました!世界遺産であり、東京を代表する建築でもある西洋美術館は、建築好きの彼女の心に刺さったようでした。

ゆっくり展示を楽しんだのち、桜の見頃である上野公園中を散策しました。開催中の「桜フェスタ」では屋台が多く立ち並んでいたのですが、それも新鮮だったようで、食べ歩きしながら楽しんでくれました。天候もよく、満開の桜が並ぶ上野公園はどこもかしこも景色が綺麗で、日本文化の象徴である桜を十分堪能してもらえたのではないかと思います。

その後、上野中通商店街やアメ横を巡り、日本の商店街文化にも触れてもらったのち、解散しました。

一日で日本のサブカルチャーからアート、伝統文化まで多種多様な文化に触れることができ、充実した一日になりました。どれも日本を誇ることができる重要な文化であり、留学生と巡ることでその魅力を再発見することができました。何より、彼女が好きなアニメや美術の中心地を巡ることができ、楽しんでくれたのが一番嬉しかったです!

(執筆:L深澤)

4/3(水) ディズニーランド

4/3(水)はL山岸、L堀口、L森本、L山形がアテンドを担当し、東京ディズニーランドに行ってきました!この日は天気が少しよくなかったのですが、とても空いていて乗りたかったアトラクションをたくさん回ることができました。

一番はじめは「ミッキーのマジカルミュージックワールド」というショーを鑑賞しました。

こちらのショーは2021年に新しくできた「美女と野獣」エリアの「フォレストシアター」で行われています。30分ほどのショーなのですが、ミッキーやミニーをはじめ、総勢22名ものキャラクターが登場しており、場面転換が早いため見ていてとてもワクワクしました。

コロナ禍に開始されたショーだったので、ソーシャルディスタンス確保のためにこれまでずっとダンサーさんなしで開催されていたのですが、2024年の4月1日からダンサーさんも復活したバージョンになっており、本当に圧巻でした。

その後も、目玉アトラクションの「イッツ・ア・スモールワールド」に乗って世界の色んな国を見つけるなどして楽しみました!

中でも、留学生の彼女はジェットコースターが好きらしく「スペース・マウンテン」や「スプラッシュ・マウンテン」に乗った時にとても楽しんでくれていました!

(「ビッグサンダー・マウンテン」は工事中で残念ながら乗れませんでした)

お昼は「クリスタルパレス・レストラン」でビュッフェをいただきました!

デザートまでしっかりたくさん食べ、とてもお腹がいっぱいになりました。

彼女は寿司が好物らしくたくさん食べていました。日本の食べものを好きでいてくれて、とても嬉しかったです。

タイでも日常的にお米を食べるということや、タイでのおすすめの観光スポットなどを教えてくれ、楽しい昼食の時間を過ごすことができました!

お昼からも、「美女と野獣 魔法の物語」をはじめ、たくさんのアトラクションに乗って楽しむことができました!

一緒にディズニーランドで遊ぶことができて、とても楽しかったです。彼女がまだ行ったことがないアトラクションや、新しくできたショーやアトラクションなどをたくさん案内し、喜んでもらえたと思います!

アトラクションを待っている間や昼食の時に話した、日本とタイの違いの話や、それぞれの国の魅力についての話がすごく新鮮で興味深く、自分の勉強にもなった、とても有意義な時間でした!

(執筆:L山形)

今回の貴重な機会をいただいたことで、留学生にも充実した時間を届けられただけでなく、私たちにも大きな学びがありました。今後もYCEの活動で留学生と交流できることを心から楽しみにしています。YCEの活動含め今後もより精力的に活動に取り組んでまいります!よろしくお願いいたします!

「東海道53次歴史・盆踊りごみ拾いプロジェクト」(仮称)

プロジェクトの構想図(現段階のもの)

ー江戸から東海道へー
2025年の4月から、大阪万博が開催される。 同年のNHK大河ドラマ「べらぼう」は蔦屋重三郎(出演・横浜流星)が主人公だ。タイトルに使われる文言は岡本太郎の口癖としてもお馴染みの文言である。

 各種メディアは日本を東西に繋いでの盛り上げを画策しているが、その中で今、東海地方で極めてユニークな試みが起こりつつある。その名も「東海道53次歴史・盆踊りごみ拾いプロジェクト」(仮称)

 こちらは当記事の執筆者である盆踊りDJ鈴木と、ヒストリンク代表の齊藤太一氏、そして合同会社別視点(「マニアフェスタ」という一大イベントの主催で有名)の三者がタッグを組む企画となっている。内容は、江戸を起点とする東海道を東から西へ地域の歴史を辿りながら、各地でごみ拾い活動を行い、ネットワークを繋いでいくイベントである。えびすくい音頭という盆踊りも普及していく。4月に行われた「なごやみらいフェスティバル」でもえびすくい音頭を披露した。

 企画名の「53次」と「ごみ拾い」がリンクしているのがミソだ。三者それぞれの持ち味を生かした当プロジェクトは4月13日の「なごやみらいフェスタ」や4月27日にヒストリンクなどが出展する「ニコニコ超会議」、マニアフェスタで新しい発表ができたらと思っている。
(編集委員・盆踊りDJ鈴木)

ーーーーーーーー
今後とも、よろしくお願い致します😊!

☆ヒストリンク
https://histlink.net/
☆プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000137452.html
☆中日新聞に関連記事載りました(パンフレットの正式リリースはこれからです!)
https://www.chunichi.co.jp/article/863737
☆南北タイムズ
https://twitter.com/muneyoshi1381
☆購読申込リンク🔗
https://www.secure-cloud.jp/sf/business/sp/1644393491kzyllkDZ

交響曲「第九」200周年記念祭「歓喜のうた」メモリアルコンサート ルードウィヒ・B ~HEART SONG(運命の扉は開かれた)~

東京文化ライオンズクラブ後援、ベートーヴェン交響曲第9番の完成200年を祝う朗読&演奏が融合したメモリアルコンサートが開催。

また本公演が子供舞台芸術鑑賞体験支援事業対象公演として文化庁に採択されました。

子供たちの豊かな人間性を養成し、将来の文化芸術の担い手や観客育成に資するため、劇場・音楽堂等において本格的な実演芸術を鑑賞・体験等する機会を子どもたちに提供する取組を文化庁が支援するもので、下記の要領で子供無料招待席を設け広く募集します。どうぞこの貴重な機会に、ひとりでも多くの子供たちに本物の舞台とオーケストラにふれて、音楽のすばらしさをご実感いただけますと幸いです。

小学校1年生~18歳以下は無料、同伴のお客様(保護者等/19歳以上)は特別価格(6,000円(税込))にてご予約いただけます。

詳しく公式HPをご覧ください。

https://no9.200th.jp/schedule.html#kodomo

▼公演詳細▼

交響曲「第九」200周年記念祭「歓喜のうた」メモリアルコンサート ルードウィヒ・B ~HEART SONG(運命の扉は開かれた)~

日程:2024年5月7日(火) 全2回公演

<昼公演>14:00開演(13:00開場)

<夜公演>18:00開演(17:00開場)

会場:東京オペラシティ コンサートホール

企画・構成: モトイキ シゲキ

出演:

<朗読>

ルードウィヒ・B・ベートーヴェン 田代万里生

伯爵令嬢ジュリエッタ 

 [昼公演 出演]知念里奈

 [夜公演 出演]井上玲音(Juice=Juice)

リヒノスキー侯爵 下村 青

ブロイニング家の夫人 黒田こらん

弟子 リース 小笠原 海(超特急)

母マリア/亡霊レオノール 真野響子 ほか

<演奏>

岩村 力(指揮)

中川郁文(ソプラノ)

林 眞暎(アルト)

吉田浩之(テノール)

大山大輔(バリトン)

グランドフィルハーモニック東京(管弦楽)

グランドフィルハーモニッククワイア(合唱)

料金: S席 ¥12,000 A席 ¥9,000 B席 ¥6,000(全席指定・税込み)

※未就学児童入場はご遠慮ください。

公式サイト:https://no9.200th.jp/

主催:「第九」200年祭「ルードウィヒ・B」公演製作実行委員会

企画制作: プロデュースNOTE/アーツイノベーター・ジャパン

後援:TOKYO FM

協力:グランドフィルハーモニック東京/東京文化ライオンズクラブ

助成:文化庁・文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業)

申込期間

4月28日(日)10:00~各公演前日20:00まで

申込URL

https://www.cnplayguide.com/asp/evt/evtdtl.aspx?dmf=1&ecd=CNC30098&ucd=&jdt=&kai=

春の庭園開放で気持ちも開放!

みなさん、こんにちは!

桜が咲くと、生きているだけでハッピーな気持ちになりますね!

気象庁より開花発表がなされましたが、例年より半月も遅い開花となりました。まだかまだかと焦らされつつ、開花を待ち望んでおりました。

さて、本日は桜の咲いた上野公園の穴場スポットをお知らせいたします。あまり知られていていない東京国立博物館のお庭についてご紹介いたします。

トーハクといえば、我が国が誇る国宝を多数収蔵している博物館として有名です。本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館と名建築が連なり、その中で国宝や重要文化財など日本の文化史を彩る様々な作品を鑑賞することができます。

建築や作品に注目が集まりがちですが、本館裏にある庭園も素晴らしいものがあります。

春の庭園開放

毎年この時期に行われる春の庭園開放。池を中心に5棟の茶室があったり、五重塔や灯籠、記念碑など通好みなオブジェが散見されます。

秋の庭園開放もされるなど、四季折々の花や紅葉に彩られる憩いの空間です。

秋の紅葉もさることながら、やっぱり春の桜が一番!ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラ、ショウフクジザクラ、枝垂れのエドヒガンザクラなど、10種類もの桜が次々と開花します。

私としてはこの時期が1年でもっとも綺麗な庭園になると思います!

この日は夏日の”炎天下”の中、終了間際の中尊寺金色堂展の行列が長々とできていましたが、喧騒を忘れて、その裏で自然の美しさをのんびり満喫できます。

これから桜の満開の季節、東京国立博物館の庭園を散策してみませんか?

東京国立博物館 庭園・茶室
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=121


追記:上野公園内では多くの方がお花見をしています。大変気持ちのよい天候でした。日陰がちょうど良いですね。ひなたは熱中症になりそうでした💦

写真は、着物ショーを終えた後の撮影会でしょうか?

ちなみに、うえの桜フェスタ2024も開催されております!なんと桜の開花が遅れたため1週間の期間延長となりました!みなさん、こちらもぜひお立ち寄りください!

うえの桜フェスタ2024
https://ueno.or.jp/sakurafes2024/

追記(4/8 )
満開を迎えた上野公園の桜をお届けいたします

上野公園の入り口、袴腰広場の様子です。外国の方が多くみられました

清水観音堂裏ではお花見客で賑わっておりました

東京国立博物館側から見た桜並木の様子です。まさに春到来!!!

両大使の境内の中は落ち着いて桜がご覧になれます

護国院の桜も満開。本日の上野界隈は歩いているだけでハッピーになれる、まさに幸せなまちでした!

後で気づいたのですが、本日はお釈迦様のお誕生日でした。

すべての生きとし生けるものが幸福でありますように。


L一ノ瀬健太

Uber Arts はじめました!

あなたのクラブ、ゾーン、リージョンをもっと活性化させませんか?

お世話になっております。

6R1Z 東京文化LCのL磯崎です。

“マジシャンの瞬時”とお伝えした方がご存じの方が多いかもしれません。

文化LCにチャーターメンバーとして入会し、たくさんの方々にお世話になりました。

各クラブの新年会、観桜会、夏の家族例会、クリスマス例会、チャーターナイトにアクティビティとしてお声がけいただいたり、

また今期の子ども未来応援委員会のアクティビティとして「びーとるランド」や「ツリークライミング」等でお子様たちに向けてパフォーマンスをご覧いただきました。

また個人的に海外のLCメンバーとのコネクションも作り、チャリティショーを開催することもできました。

それぞれアクティビティに出向くと皆様から必ずお声がけいただきます。

「〇〇LCのクリスマス例会でもみたけど、すごかったよ。」

「毎月メルマガが届くのを待っているんだ。」

「メルマガの△△の記事が面白かったよ。」

ご存じのように文化LCにはたくさんのアーティストが在籍しています。

マジシャン/光のイリュージョニストである私をはじめ、

演奏家、

オペラ歌手、

歴史研究家、

アーティスト…。

文化LCのアーティストは現在、お客様の目の前で活躍する現役のアーティストです。

アーティスト活動を行いながら、社会貢献をしたいと考え、LCに入会して活動をしております。

そこでこの度、

東京文化LCで「アーティスト派遣プロジェクト」を開始いたします。

具体的には、

皆様の地域やクラブ、ゾーンやリージョンで開催されるアクティビティに文化LCのアーティストを派遣いたします。

学校やPTAと一緒に芸術に関わるイベントを企画したり、

皆様の地域で開催されるイベントに参加して地域との繋がりを太いものにしたり、

身近な子ども食堂に食事だけでなくアーティストを派遣して特別な体験をお届けしたり…

アーティストの派遣はもちろんのこと、

イベントの企画からお手伝いさせていただきます。

「文化活動で社会貢献」をぜひ、一緒に行なっていきましょう!

L磯崎

Mature紀行⑥美に学ぶ

歴史や背景を知らずとも、絵画のおかげで学んでしまうというのも最高に楽しいですね。ロンドンナショナルギャラリーを訪れた時がそうでした。性愛、官能、誘惑などがその世界へ引き込んでくれます。何千年前の話を何百年前の絵画が今でも伝えてくれます。最初の作品はあのガザ地区での伝説です。

🔳サムソンとデリラ:1610年頃ピーテル・パウル・ルーベンス

ロンドンナショナルギャラリー蔵

旧約聖書にでてくるパレスティナからイスラエルを解放したサムソンの話はあまりにもドラマティック。そしてその舞台がガザ地区であることは現代人にとって歴史を理解する一助ともなりうるようです。・・パレスチナ人であるデリラはイスラエルのサムソンの怪力の秘密を聞き出すために官能の一時をすごします。隙だらけの英雄サムソンが憐れでもあり、デリラの達成感と情け深い表情が様々な物語ってくれます。男女の営みであるから決して笑えない、秘密が髪の毛であったことが微笑ましい、伝説には共感こそがあるようです。そして老婆が髪の毛を切りにやってきた。

🔳スザンナと長老達:1623年頃グイド・レイニ:ロンドンナショナルギャラリー蔵

 どうしようもない助べえ爺さん「エロ爺い」は古今東西蔓延り続けてきたのでしょう。聖書のなかでは戒めの題材として登場してきました。古代バビロニア、ひとりで水浴していたスザンナに長老2人がやってきて「お前が不倫をしていたとして言いふらすぞ」と根も葉もないことで脅かし姦通をせまります。拒んだスザンナは長老のデマのせいで死刑宣告をうけます。そこで聖書はスザンナの純潔を讃えます。スザンナの恥じらいと強い意志が、謙虚だが主張のある白い裸体が、敬虔さと緊張感を醸し出しています。法廷では心ある青年が長老の嘘を見抜いて彼らを死刑においやったそうです。長老達はかなりの悪人であり、ものすごく浅はかな老人であったようです。どうしようもない長老たちは古代ならでは、いや古代から変わらない、どちらでしょう。

🔳鏡のビーナス:1650年頃ディエゴ・ベラスケス:ロンドンナショナルギャラリー蔵

 ベッドに横たわるビーナスの絵画は数多くあります。そのなかでもこの生々しい裸体は美の真骨頂ではないでしょうか。神話を隠れ蓑にしている性愛画と言われたとしても、いや「これが美の女神である」といわれると万人が賛同するのではないでしょうか。鏡の表情が曖昧なことが格別によいですね。誰もが自分の想像に浸ることができます。このウェストからヒップの曲線は古代彫刻にもみられ作者ベラスケスも目にしていたはずだとも言われています、

🔳ヘルマプロディートス(レプリカ):ルーブル美術館蔵

私が先立ってルーブル美術館を訪れた時、名前も知らなかったヘルマプロディートスの彫像をみることができました。見惚れながら前姿を見に行ったときは大変驚いてしまったものです。よーくご覧ください。美青年が美女に惚れ込まれ合体して両性具有になてしまったという悲劇は苦悩とともに美しさを際立たせています。ベラスケスにも霊感を与えたのでしょうか。

🔳天の川の起源:1575年ヤーコポ・ティントレット:ロンドンナショナルギャラリー蔵

​​​​​​​​​​

Milky Wayという馴染みの言葉にやっと納得しました。万能の神ゼウスは人間の美女に男児ヘラクレスを産ませました。ヘラクレスが泣きじゃくるのでゼウスは自分の妻ヘラの乳房に押し付けました。元気なヘラクレスは眠っているヘラの乳房を噛んだことからヘラは払いのけます。乳は迸り天まで届いて天の川になったということでした。ヘラの豊満な肉体美が銀河をつくった勢いを感じさせます。ギリシア神話にでてくる神々の奔放なセックス感覚には常々おどろかされていましたが物語の創作力も見事ですね。

すばらしい美の旅でした。

東京文化LC 通信デスク

 L城戸正幸